【浦島坂田船の日常】あらすじ/感想/声優/制作会社《わくわく転校”青春”ストーリー!》

【浦島坂田船の日常】
アニメあらすじ

浦島坂田船の日常

Introduction

学校生活ーー それは誰もが一度は経験する かけがえのない日々。
クラスの人気者になれば 誰もが羨むハイスクールデイズを 送れると相場は決まっていた。
転入生であるうらたは 高校デビューを華麗に決めようと
どきどきしながら教室の扉を 開こうとしたーーその時だった。
立ち塞がったのは 同じく高校生の志麻、坂田、センラ!
彼らは敵か味方か、 それとも一体……!?
わくわくどきどきな 転校”青春”ストーリーが 今、幕を開けるーー!

【浦島坂田船の日常】
各話の感想

1話

視聴者の感想(ネタバレ有)

2話

視聴者の感想(ネタバレ有)

【浦島坂田船の日常】
声優・キャラ

うらた(CV:うらたぬき)

👉他のキャラクターもチェックする

志麻(CV:志麻)

坂田(CV:となりの坂田)

センラ(CV:センラ)

参照元:http://nbcuni-music.com/urashimasakatasen/anime/

【浦島坂田船の日常】
アニメ制作会社

設立年月1984年12月
公式サイトhttp://gainaxkyoto.co.jp/

アニメーション等のメディア制作を中心に行っている。中でもアニメーション部門に関しては世界的にも有名であり、1990年代には社会現象を巻き起こした大ヒットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を制作。他の代表作には『ふしぎの海のナディア』『トップをねらえ!』など。1980年代末からのコンピュータゲーム制作では『プリンセスメーカー』シリーズなどのヒット作品を残した。テレビアニメーションを中心に制作の多くは共同制作名義で他社へ委託する形をとっていたが、2004年開始のシリーズOVA『トップをねらえ2!』で制作部門を立ち上げ、2015年の『放課後のプレアデス』(テレビシリーズ)にかけて自社単独名義による元請制作を手がけたほか、他社のテレビシリーズのグロス請けも行っていた。社名は島根県の東部、鳥取県の西部の方言(雲伯方言)で「大きい、凄い」という意味の「がいな」に未知を表す「X」をつけたもの。なお「がいな」という方言自体は紀南、四国の一部、また愛媛県から海を隔てた大分県の沿岸部でも使用される。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/