【ぬるぺた】あらすじ/感想/声優/制作会社《お姉ちゃん! コンセント抜けてるよ!》

【ぬるぺた】
アニメあらすじ

Introduction

天才少女「ぬる」は、お姉ちゃんを事故で亡くしてしまう。でも大丈夫!持ち前の知識で、大好きだったお姉ちゃん「ぺた」をロボットとしてつくることに成功!ただ、ロボットとして復活したお姉ちゃんは生前よりも、ちょっとちがう?妹「ぬる」と、姉ロボ「ぺた」が繰り広げる、姉妹ドタバタコメディ!『お姉ちゃん! コンセント抜けてるよ!』

【ぬるぺた】
各話の感想

1話「お姉ちゃん完成!」

《あらすじ》

事故で姉を亡くした少女ぬるは、生前の記憶と性格を持ったお姉ちゃんロボ「ぺた」を 天才力で作り上げるが……、ちょっと待ってなんで飛行モードに変形するの!?

視聴者の感想(ネタバレ有)

2話「お姉ちゃんの完全栄養食!

《あらすじ》

人類史上最も甘美な誘惑「二度寝」から目覚ましマシンで起こされたぬるを待っていたのは、お姉ちゃんの得意料理だった!わーいってコレ暗黒チャーハンだぁぁぁ!

視聴者の感想(ネタバレ有)

【ぬるぺた】
声優・キャラ

ぬる

【CV:和氣あずみ】

天才発明家の小学生。亡くした姉をロボとして作り上げる。学校に行きたくない。

👉他のキャラクターもチェックする

ぺた

【CV:上田麗奈】

他界したぬるの姉。妹思いの優しい性格だった。料理が好き。味はイマイチ。

ぺたロボ

【CV:上田麗奈】

ぬるが開発した「お姉ちゃんロボ」。ぬるを学校に行かせることが目的。ぬるのためなら宇宙にも行く。

参照元:https://nullpeta.com/

【ぬるぺた】
アニメ制作会社

設立年月1976年9月
公式サイトhttp://www.shin-ei-animation.jp/

代表作に、テレビアニメ『ドラえもん』・『クレヨンしんちゃん』・『あたしンち』(テレビ朝日系)・『からかい上手の高木さん』を中心に、劇場用長編アニメ『ドラえもん』・『クレヨンしんちゃん』シリーズがある。また作画工程のみを他社から請け負う事業も行っている。2010年より、テレビ朝日の完全子会社となっている。シンエイ動画は1965年(昭和40年)に設立された有限会社エイプロダクション(通称: Aプロダクション)が前身である。Aプロダクションは東京ムービーと業務提携し、その制作担当として活動していた。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/