【ノー・ガンズ・ライフ】あらすじ/感想/声優/制作会社《弾丸(願い)は込められた》

【ノー・ガンズ・ライフ】
アニメ概要

ノーガンズライフ

Introduction

ベリューレン社により戦時中開発された新技術「身体機能拡張技術」。その技術により身体の一部、もしくは全部を機械化された者は、拡張者(エクステンド)と呼ばれていた。拡張者と生身の人間の非拡張者が混在する社会では常にいざこざが絶えず、それらの問題を解決する「処理屋」を、乾十三(いぬいじゅうぞう)は生業としていた。そして、十三自身も、頭部が巨大な銃の「拡張者」だった。ある日、十三は、全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼される。その少年の名は荒吐鉄朗(あらはばきてつろう)。ベリューレン社から誘拐された少年だった。だが、十三は依頼を受けたもののベリューレン社からの追手に、鉄朗を奪われてしまう。十三はなりゆきで街を牛耳るベリューレン社と事を構えることになるのだが…鉄朗を誘拐した全身拡張者の男は何者なのか?ベリューレン社と鉄朗の関係は?

【ノー・ガンズ・ライフ】
各話の感想

1話「暴走拡張者」

《あらすじ》

身体を機械化された「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が混在する社会。拡張者が引き起こす問題を解決する「処理屋」を、乾十三は生業としていた。そして、彼自身も、頭部が銃の「拡張者」だった。ある日、十三は全身拡張者の大男から一人の少年の保護を依頼される。だが、依頼を引き受けた十三の前に、一人のシスターが現れる。孤児院から誘拐されたその少年を引き渡すように言うのだが…

視聴者の感想(ネタバレ有)

【ノー・ガンズ・ライフ】
声優・キャラ

乾 十三《いぬい じゅうぞう》

乾十三

【CV:諏訪部順一】

拡張者と非拡張者間の問題を解決する処理屋・乾相談所を営む。本人も頭部が巨大なリボルバーの拡張者。頭の銃の引き金に触れられることを極端に嫌っている。「種ヶ島」という銘柄の煙草を愛飲している。

👉他のキャラクターもチェックする

荒吐 鉄朗《あらはばき てつろう》

荒吐鉄朗

【CV:山下大輝】

全身拡張者の大男が、十三に保護を依頼した少年。ベリューレン社に追われている。

メアリー・シュタインベルグ

メアリー・シュタインベルグ

【CV:沼倉愛美】

拡張体のメンテナンスを行う拡張技師の少女。高い技術力を持つ。十三とは昔からの馴染み。

オリビエ・ファンデベルメ

オリビエ・ファンデベルメ

【CV:日笠陽子】

拡張者を取り締まる復興庁拡張者対策局(EMS)の局長。

クローネン・フォン・ヴォルフ

クローネン・フォン・ヴォルフ

【CV:内田夕夜】

オリビエの部下で実行部隊の班長。拡張者を嫌っている。

ヒュー・カニンガム

ヒュー・カニンガム

【CV:上田燿司】

ベリューレン社の保安部長。十三との交渉に姿を現す。

クリスティーナ松崎

クリスティーナ松崎

【CV:江原正士】

十三の処理屋がある松崎ビルヂングのオーナー。

スカーレット・ゴズリング

スカーレット・ゴズリング

【CV:高野麻里佳】

十三いきつけの床屋の娘。

照元:http://nogunslife.com/

【ノー・ガンズ・ライフ】
アニメ制作会社

MADHOUSE
設立年月1972年10月
公式サイトhttp://www.madhouse.co.jp/

1972年10月、虫プロダクション(旧社)の従業員だった丸山正雄、出崎統、りんたろう、川尻善昭らが、同社の経営危機をきっかけに独立して設立。同社の石神井スタジオのメンバーが中心になった。初代の社長は虫プロの制作管理スタッフだったおおだ(網田)靖夫が務めた。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/

→FODプレミアムをお試ししてみる

→U-NEXTをお試ししてみる