ヒカキンは性格が悪い?良い?調査から判明した大物YOUTUBERの驚愕の素顔とは!?

 

View this post on Instagram

 

HIKAKIN ヒカキンさん(@hikakin)がシェアした投稿

日本最大のチャンネル登録者数を誇るYOUTUBER「ヒカキン

最近はテレビやCMにも出演しているまさに成功者と言える

人物の代表格ではないでしょうか。

しかし、YOUTUBERというビジネスで成功していると言っても

ヒカキン本人の性格は果たしてどうなんでしょう?

この記事ではそんな「ヒカキンの性格・人格」について

当サイト視点で徹底的に調査・考察をしています。

はじめに

この記事ではヒカキンの性格について分析をしていきますが、参考にするのは

  • YouTube動画
  • Twitter

この2点の情報です。

2つの媒体から得られる情報を組み合わせ、当サイトなりにヒカキンの性格を分析していこうと思います。

ヒカキンの性格について

ここ1年間のヒカキンが投稿した動画をくまなくチェックしたところ

少し気になる点が出てきました。

現在のヒカキンの投稿動画は商品レビュー・子供向け実写や

他YOUTUBERとのコラボなど多岐にわたります。

しかし、ヒカキンがYouTubeデビューした当時は「human beat box」

という音楽好きな人向けのコンテンツのみで動画を配信していました。

管理人は音楽に詳しくありませんがめちゃくちゃ上手いと思います。

なぜ、ヒカキンは音楽メインの動画から

様々なジャンルの動画に活動をシフトしたのでしょう?

この疑問に対して、あるサイトでヒカキンはこのように答えています。

【トップになるために「幅」を広げる】

――ユーチュバーを仕事にする上で、欠かせなかったのが視聴者の幅を広げること。当時、ビートボックスの動画投稿が中心だった「HIKAKIN」チャンネルから、商品紹介などを中心とした「HikakinTV」へと、活動内容を変えていきます。

ビートボックスは大好きですが、ユーチューバーのトップを目指す中で、これだけをやっていては長続きしないと思うようになりました。ビートボックスって基本、「この音、本当に人間が出してるの?」という驚きの目で見られます。「カッコイイ、すごい!」と感動してくれるファンもたくさんいますが、これだけで食べていくには、やっぱり難しいと感じました。

安定して長く仕事を続けるには、音楽業界だったら歌って踊れる人。テレビならバラエティで司会ができるとか、トーク力がある人。ユーチューバーもそういう“幅”がないと、仕事にするのは難しい

引用元:ヒカキンがトップユーチューバーになることを決意した瞬間

このコメントと実際の変化の両方を鑑みると

  • 自分の好きなことを追い求める行動力
  • ビジネスにおける冷静な判断&決断力

ヒカキンはこの2つの性格を持っていることが考えられます。


ヒカキンのTwitterのつぶやきについても調査しました。

基本的にツイートは1日1回以上の頻度で行なっており

プライベート&仕事を問わない内容が入り混じっています。

このことからヒカキンは「仕事が大好き」なのだと考えられます。

仕事もプライベートも一緒な感じの生活になっているのでしょう。


以上のことから分かる「ヒカキンの性格」ですが一言でまとめると

「好きなことにとことん夢中になれる&コツコツ継続できる」

と言えるでしょう。ヒカキンがYouTubeで収益化に取り組んでいた頃(2000年代)は

2019年現在のように稼ぐことが難しい時代でした。

そんな時代においても休まずに動画投稿を継続したのは

ひとえに自分の好きなことだったからであるとヒカキン本人は語っています。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事では「ヒカキンの性格」について当サイトが徹底的に

情報収集&解説をしています!

ヒカキンについてもっと知りたい方はこちらのまとめ記事をご参考にしてください。

【ファン必読】YouTuber「ヒカキン」超まとめ集[本名/年齢/年収/彼女/家/セイキン]
created by Rinker
オガワスタジオ(Ogawa Studio)