ヒカキンが面白い・人気と言われる理由を徹底解明!鍵は視聴者層にあった?

マリオブラザーズの動画で大ブレイクしてから今や押しも押されもせぬ日本一のYouTuber「ヒカキン」

圧倒的なチャンネル登録者数と再生回数を誇るヒカキンですが、実は「面白くない」と思っている人がたくさんいることはご存知でしょうか?

私もヒカキンの面白さが分からない人ですが、もしかしたら今この記事を読んでくれているあなたも同じ思いかもしれません、、、

 

実はヒカキンがYouTubeで人気になっているのにはある理由が存在します。気になっている人もいらっしゃると思いますので

この記事ではヒカキンが面白いと言われている理由を徹底的に調査した結果をお伝えさせて頂きます!

ヒカキンを面白いと思っているのは子供たち

実は、ヒカキンのことを面白いと思っているのは殆ど小学〜中学生の子供たちなんです。

写真はヒカキンが握手会を開催した時のものですが、圧倒的に子供の割合が高いですよね!

日本でYouTubeを視聴している人口のうち半分がこどもであるというデータもあるため、子供に人気のYouTuberは登録者数、再生回数ともに強いというわけですね。

ヒカキンはターゲットを子供に絞っている

では、ヒカキンは偶然こども達から人気を得たのかというと、そうではありません。

YouTube初期の頃は自身のヒューマンビートボックス(ボイパみたいなもの)動画を投稿していたヒカキンですが

徐々に子ども向けの内容にシフトしていって今のスタイルを確立しています。

カリスマ性だけでなく、ビジネス的思考力と行動力を兼ね備えていると言えますね。

ちなみに、上記のビートボックス分野ではあの「エアロ・スミス」とコラボしていたんですよ!

果たしてエアロ・スミスに扇子で扇いでもらった日本人なんてヒカキンの他にいるんでしょうか?笑

ネット上の声

まとめ

最後までご精読頂き、誠にありがとうございました。

この記事では「ヒカキンが面白いと言われる理由」について調べた結果をお伝えしています。