【グリムノーツ】あらすじ&ネタバレ感想まとめ《これは、繰り返し読まれた童話の物語。》

各話のネタバレ感想

読みたい話数タップしてね
※ネタバレ注意

01〜06話を読む

1話「赤ずきんの森」

《あらすじ》

ひとつの物語を繰り返す世界~想区~をまたいで旅するエクス、レイナ、タオ、シェインたち。新たな想区へ足を踏み入れた矢先、怪物に襲われている幼い少女を見つける。村人の話によると、その少女は「赤ずきん」と呼ばれているのだという。エクスたちは、いずこかへ消えた赤ずきんを助けに森ヘ足を踏み入れるのだが……。

視聴者の感想(ネタバレ有)

2話「ドン・キホーテの信念」

《あらすじ》

エクスたちがやって来たのは、「ドン・キホーテの想区」。だが、本来の物語とは異なり、恐ろしい悪魔の群れが人々を襲っていた。そして空は不気味に赤く染まり、想区そのものが崩壊しようとしている。それを阻止すべく、さっそく調査を開始するエクスたちだったが、その前に、意外な人物が現れ……。

視聴者の感想(ネタバレ有)

3話「追憶のシンデレラ」

《あらすじ》

ストーリーは過去へ遡る。生まれ故郷で、エクスは幼い頃からシンデレラという少女と日々を過ごしていた。早くに両親を亡くしたエクス。同じように、母を失ったシンデレラ。二人は互いに支え合い、成長していく。やがて、シンデレラの運命が叶う夜が近付いて来る。そんな時、エクスは森でレイナという少女と出会う。

視聴者の感想(ネタバレ有)

4話「エクスの旅立ち」

《あらすじ》

幼なじみであるシンデレラの運命が、歪もうとしている……。レイナの口から、さまざまな事実を聞かされるエクス。それは彼にとって、今まで見たことも聞いたこともない事ばかりだった。そしてレイナは、エクスに戦うための力を与える。シンデレラの運命を守るために。エクスたちは、王城へと向かうのだが。

視聴者の感想(ネタバレ有)

5話「夢とロマンの宝島」

《あらすじ》

とある島にやって来たエクスたち。久々の息抜きとばかりに浜辺で遊んでいると、波打ち際に倒れていた一人の男を見つける。男の名はジョン・シルバー。やがて一同は、ここが「宝島の想区」であることを知る。大海賊フリントが隠したと言われる財宝を求め、夢とロマンにあふれた大冒険が始まる!

視聴者の感想(ネタバレ有)

6話「エクスと白雪姫」

《あらすじ》

今回、エクスたちがやって来たのは「白雪姫の想区」。しかし誤解が誤解を生み、眠りについていた白雪姫を、エクスが起こしてしまった。このままでは本来の物語から変わってしまう!何とかして元に戻そうと、白雪姫の城へ向かうエクスたち。だが、そこには当然ながら毒林檎の王妃が待ち受けていて……。

視聴者の感想(ネタバレ有)

参照元:https://www.tbs.co.jp/anime/grimmsnotes/

07〜12話を読む

7話「ゲルダと雪の女王」

《あらすじ》

凍え付きそうな、深い雪に閉ざされた想区。エクスたちは、行き倒れていたゲルダという少女を発見する。暖を取ろうと見つけた小さな民家。そこに居たのは、たった一人の幼い少女だった。どこか不思議な雰囲気を漂わせた少女から、雪の女王の宮殿の場所を知る一同。だが、向かった先で待ち受けていたのは……。

視聴者の感想(ネタバレ有)

8話「鬼ヶ島の兄妹」

《あらすじ》

これまでエクスと共に旅を続けて来た仲間、タオとシェイン。しかし二人には、重い、秘められた過去があった。タオが仲間をファミリーと呼ぶ理由。
そしてシェインが、タオを兄と慕う理由……。鬼と人間が戦いを続ける「桃太郎の想区」で、二人の過去が明かされる。果たして、鬼ヶ島で何があったのか?

視聴者の感想(ネタバレ有)

9話「熱砂のアラジン」

《あらすじ》

見渡す限り砂漠の想区へとやって来たエクスたち。そこで出会った盗賊の少年アラジン。彼は、何でも願いを叶えてくれる魔法のランプの持ち主だったという。ここはアラビアンナイトの世界、「アラジンの想区」だった。アラジンと行動を共にすることになった一行だったが、そこへ、敵の群れが現れ……。

視聴者の感想(ネタバレ有)

10話「オルレアンの聖女」

《あらすじ》

イングランドとフランスの百年戦争。その真っ直中に現れた、聖女ジャンヌ・ダルク。彼女と出会ったエクスたちは、人間を襲う悪魔の群れと戦うことになった。ジャンヌは華々しい勝利を収めるが、その運命は、徐々に歪んでいく……。そしてジャンヌを助けようとしたエクスも、瀕死の傷を負ってしまった!

視聴者の感想(ネタバレ有)

11話「不思議の国のレイナ」

《あらすじ》

エクスたちがやって来たのは「不思議の国の想区」。そこでレイナは、幼い頃から憧れだったアリスに出会う。だが、どうもアリスの様子がおかしい。
不思議なことは絶対に認めないと言い放ち、エクスたちも捕まえようとする。いったいアリスを変えたのは何か?その一方で、恐るべき陰謀が進んでおり……。

視聴者の感想(ネタバレ有)

https://twitter.com/tanukianime/status/1109807807245615104

12話「誰も知らない童話」

《あらすじ》

これまで、数々の想区で物語を歪めていた元凶……。真の敵を前にして、エクスは、そしてレイナ、タオ、シェインは、どのように戦うのか。絶望的な状況に飲み込まれながらも、想区に住む全ての人々を守るために、エクスたちの戦いが始まる。それは、あらすじの無い彼らだけの物語。誰も知らない童話の結末は?

視聴者の感想(ネタバレ有)

参照元:https://www.tbs.co.jp/anime/grimmsnotes/

同時期放送タイトル【2019年 冬アニメ】 【約束のネバーランド】各話のあらすじ・感想・ネタバレ《偽りの楽園からの脱出!》

アニメ概要

「グリムノーツ ロゴ」の画像検索結果参照元:https://www.tbs.co.jp/anime/grimmsnotes/

Introduction

人々は生まれたとき1冊の本を与えられる。生まれてから死ぬまで”運命の書”に記載された脚本の通りに生きる宿命。そんな、空っぽの脚本である”空白の書”をもって生まれたエクスは、同じように”空白の書”をもった仲間、レイナ、タオ、シェインと出会い、自らの役割を見つける旅に出る。これは繰り返し読まれた童話の物語。

声優・キャラクター

エクス

とある想区に住む『空白の書』の持ち主の少年。なんの運命も与えられずに生まれ育ったが、レイナたちとの出会いをきっかけに、自らの生きる運命を見出すべく旅に出た。すべてのヒーローの魂とコネクトできる『ワイルドの紋章』を発現させている。

【CV:逢坂良太】

👉他のキャラクターもチェックする

レイナ

『調律の巫女』と呼ばれる少女。カオステラーを『調律』し、想区を元の姿に修復する力を宿している。『箱庭の王国』という不思議な本を所持にしており、その過去には謎も多い。

【CV:上田麗奈】

タオ

豪快奔放な青年。レイナを「お嬢」と呼び、カオステラーを『調律』する旅に同行している。シェインとは義兄妹の契りを交わし、一行をタオ・ファミリーと称している。

【CV:江口拓也】

シェイン

タオの『妹分』にあたる少女。つかみどころがなく、マイペースな言動も多いが、時折鋭い視点で事件の真相に気づき、一行の旅をサポートする。重度の武器マニア&カスタマイズマニアなど多彩な才能を持つ。

【CV:久保田未夢】

ロキ

「魔法使い」を自称する、謎多き男。

【CV:水島大宙】

カーリー

『混沌の巫女』と呼ばれる少女。

【CV:上坂すみれ】

参照元:https://www.tbs.co.jp/anime/grimmsnotes/

制作会社

設立年月1996年
公式サイトhttp://www.brainsbase.co.jp/

東京ムービー新社のプロデューサーであった小沢十光が、退社後の1996年に設立した。当初は、『真ゲッターロボ』等の永井豪原作のロボットアニメ作品のOVAの制作とコンピュータゲームのムービーパート制作を主としていた。2000年に初の劇場映画作品として『風を見た少年 The Boy Who Saw The Wind』を制作。その2年後の2002年には、『爆闘宣言ダイガンダー』でテレビアニメの元請け制作に進出した。その後、2000年代後半頃に撮影部門と編集室を開設。自社でほぼ一貫した制作体制を整えた。2013年6月に第三制作部が分離・独立して朱夏を設立。2016年3月に企画営業制作部を母体に、プラチナビジョン株式会社を設立。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ブレインズ・ベースの制作アニメをチェック 【となりの怪物くん】あらすじ・感想・ネタバレ有《この怪物に恋をしてはいけません。》