【Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア】あらすじ/感想/声優/制作会社《そこは人と神が袂を分かつ、運命の時代。》

【Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア】
アニメあらすじ

Fate/Grand order 絶対魔獣戦線バビロニア

Introduction

人理継続保障機関・カルデアは、魔術だけでは見えない世界、科学だけでは計れない世界を観測し、2017年で絶滅さすることが証明されてしまった人類史を存続させるため日夜活動を続けている。人類絶滅の原因、歴史上のさまざまな箇所に突如として現れた「観測できない領域」――“特異点”。カルデアに唯一残されたマスター・藤丸立香は、デミ・サーヴァントのマシュ・キリエライトとともにこの特異点の事象に介入することで、これを解明、あるいは破壊する禁断の儀式―― “聖杯探索グランドオーダー” を遂行してきた。今回、新たに発見されたのは七つ目の特異点――紀元前2655年の古代メソポタミア。不老不死の霊草の探索を終えた、“天の楔・賢王ギルガメッシュ”が統治し繁栄を誇ったウルクの地は、三柱の女神と数多の魔獣による蹂躙で滅亡の危機にあった。そして、過去への時間旅行――“レイシフト”によってウルクの地に辿り着いた藤丸とマシュが出会うのは、魔獣の猛攻を食い止める要塞都市・絶対魔獣戦線と、脅威に曝されながらも懸命に生きる人びとの姿だった。襲い来る神々と魔獣。そして、それに抗う人類―。そこは人と神が袂を分かつ、運命の時代。六つの探索〈オーダー〉を駆け抜けてきた二人ー藤丸とマシュが挑む最後の戦いが始まる。

【Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア】
各話の感想

1話「絶対魔獣戦線バビロニア」

《あらすじ》

人理継続保障機関・カルデア。人類最後のマスター、藤丸立香とそのサーヴァントであるマシュ・キリエライトは、魔術王が成した「人理焼却」により失われた未来を取り戻すため、六つの時代と地域を旅してきた。そして今、最後の特異点修復のため、二人は古代メソポタミアへと踏み込む。神々が日常的に存在しているその地に着くなり、圧倒的な数の魔獣に襲われてしまう二人。あわやという時に空から現れたのは、見目麗しい一人の少女だった。

視聴者の感想(ネタバレ有)

2話「城塞都市ウルク」

《あらすじ》

案内を申し出た青年・エルキドゥによる誘導のもと、ウルクを目指す藤丸たち。しかし深い森の中、目的の方角とは異なる道を行くエルキドゥに、マシュは不穏な空気を感じとる。そんな一行の前に、突如浮世離れした男と少女の二人組が現れる。そして男の一言により、エルキドゥの隠された秘密が明らかになるのだった……。

視聴者の感想(ネタバレ有)

3話「王と民」

《あらすじ》

ウルクを治める賢王ギルガメッシュとの謁見を果たした藤丸と一行。藤丸はギルガメッシュに対し、メソポタミアに恐慌を与える「三女神同盟」を倒すことと引き換えに、この特異点を引き起こしている聖杯を得たいと提示する。しかしウルクの危機に対しカルデアの力は借りないと言い切るギルガメッシュ。一触即発の状況――も束の間、彼らの前にいきなりウルクの都市神イシュタルが乱入し、戦闘となってしまう。

視聴者の感想(ネタバレ有)

TV放送後、更新予定

【Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア】
声優・キャラ

藤丸 立花《ふじまる りつか》

【CV:島崎信長】

元は人理継続保障機関・カルデアのマスター候補生。数合わせとして呼ばれた「素人」のひとり。しかしカルデアが全滅しかかった爆発事故を生き延び、唯一生き残ったレイシフト適正を持つマスターとして、現在は特異点修復の旅路を歩んでいる。

👉他のキャラクターもチェックする

マシュ・キリエライト

【CV:高橋李依】

人理継続保障機関・カルデアで働くスタッフだが、とある“過去”によってデミ・サーヴァントとしての能力を有している。クラスはシールダー。爆発事故以後、藤丸と共に特異点修復の旅路を歩んできた。藤丸のことを「先輩」と呼ぶ。

フォウ

【CV:川澄綾子】

マシュに懐く愛らしい動物。藤丸・マシュとはこれまでの各特異点の旅路を共に歩んできた。普段はカルデアの中を自由に散歩している。

ロマニ・アーキマン

【CV:鈴村健一】

元々はカルデアの医療部門のトップを務める医師だったが、爆発事故以後、カルデアの暫定的な最高責任者として指揮を執る青年。通称「Dr.ロマン」。打たれ弱く、ヘタレ気味な優男だが、一方で藤丸たちの旅を最善へ導くためには常に努力を惜しまない頼もしい存在。ヴァーチャルアイドル「マギ☆マリ」のファン。

レオナルド・ダ・ヴィンチ

【CV:坂本真綾】

カルデアにおける英霊召喚成功例第三号。カルデア技術局の特別名誉顧問。クラスはキャスター。かつて欧州にて多くの分野で業績を残し、「万能の人」と呼ばれた有数の天才。自身の傑作『モナ・リザ』を愛するあまりその容姿を再現して現界している。レイシフトにおいては技術的なバックアップを担当している。

ギルガメッシュ

【CV:関智一】

親友エルキドゥの死後に出立した不老不死の旅より帰還し、今は古代メソポタミア・ウルクの地を治める賢王。伝説においては「すべてをみたひと」として語られ。時に冷酷に。時に人情を認め厳しくも民を導いている。

エルキドゥ

【CV:小林ゆう】

神々の手によって作られた人形であり、苛烈な戦闘能力を持った“意思を持つ宝具”。自然と調和・一体化する大地の分身でもあり、ギルガメッシュとは唯一の友として多くの冒険をこなし、心を得た後、人形として土に還った悲しき兵器

マーリン

【CV:櫻井孝宏】

ギルガメッシュが英霊召喚によって呼び出したサーヴァント。クラスはキャスター。その正体はアーサー王伝説に登場する宮廷魔術師であり、人間と夢魔の間に生まれた混血児。魔術師としての能力は最高位の座に位置し、“世界を見通す眼”――『千里眼』の保有者でもある。

アナ

【CV:浅川悠】

聖杯の影響を受けウルクの地に顕現した、マスターを持たない“はぐれサーヴァント”。クラスはランサー。とある目的を遂行するためにマーリンと行動を共にしている。大人しく、人と馴れ合うことを拒む少女。特にマーリンのことを嫌っている。

イシュタル

【CV:植田佳奈】

豊穣と戦い、そして金星など多くの神性を司るメソポタミアの女神。クラスはアーチャー。自由気ままな性格で宝石や美しいものに目がない。ギルガメッシュとは因縁があり、天舟マアンナを駆りウルクをたびたび襲撃しては、口論の果てに退散していく。

シドゥリ

【CV:内山夕実】

ウルクを治める賢王を第一に支える神官。ウルクを愛し、賢王の側近にふさわしく、清楚かつ聡明で淑女そのもの。面倒見もよく、ウルクの民からはとても慕われている。賢王への信頼はもとより、彼に対して臆することなく発言をする。

牛若丸《うしわかまる》

【CV:早見沙織】

ギルガメッシュによって召喚されウルクの北壁を護る、凛とした美貌のサーヴァント。クラスはライダー。戦においては非情に、冷徹に振る舞い、その天賦の才を発揮しながらも、一方で明るく、人懐っこく、主君に忠実な面をあわせ持つ。

武蔵坊弁慶《むさしぼうべんけい》

【CV:稲田徹】

ギルガメッシュによって召喚されウルクの北壁を護る、強靭な僧兵のサーヴァント。クラスはランサー。現代に至るまで、幅広い物語で親しまれている。基本的には豪快でありながら、同時に戦闘を嫌う平和主義な一面も持ち合わせている。

レオニダス一世

【CV:三木眞一郎】

ギルガメッシュによって召喚されウルクの北壁を護る、筋骨隆々なサーヴァント。クラスはランサー。ギリシャ世界を救うためにたった三百人のスパルタ軍を率い、ペルシャの大軍と戦い抜いたことで知られる。

参照元:https://anime.fate-go.jp/ep7-tv/#top

【Fate/Grand Order 絶対魔獣戦線バビロニア】
アニメ制作会社

CLOVER WORKS
設立年月2018年1月
公式サイトhttp://cloverworks.co.jp/

2018年4月1日、A-1 Pictures高円寺スタジオが名称をCloverWorksと改称し、ブランド化。同年10月1日、A-1 Picturesの事業内容を一部会社分割する形で株式会社として設立された。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/