【ちはやふる 3】あらすじ/感想/声優/制作会社《この一瞬に一生を懸ける-》

ちはやふる3

【ちはやふる 3】
アニメあらすじ

         ã€Œã¡ã¯ã‚„ふる 3」の画像検索結果

Introduction

クイーンになる夢も、将来の夢も諦めたくない!この一瞬に一生を懸ける―――――高校2年生の夏、新入部員と共に全国大会へ出場した千早たち瑞沢高校かるた部。団体戦では常勝校・富士崎高校を破り瑞沢高校が念願の初優勝、個人戦ではB級が太一、そしてA級では新が優勝を果たす。千早は団体戦で負傷した右指の手術も無事成功し、太一と共に富士崎高校の夏合宿に参加する。顧問の桜沢先生によるスパルタな指導にもめげず、名人・クイーン戦に照準を合わせ練習に励んでいた矢先、出場が危ぶまれるある事実を知ることに……一方、チームを持つことでかるたへの可能性が広がることが知った新は、かるた部創設に向け動き出していた。新たなるライバルの登場、これからの進路、クイーンになる夢……等身大の高校生によるひたむきでまっすぐな想いと情熱が溢れ出す第3期が開幕!

【ちはやふる 3】
各話の感想

1話「」

 

《あらすじ》

 

視聴者の感想(ネタバレ有)

 

【ちはやふる 3】
声優・キャラ

綾瀬 千早《あやせ ちはや》

【CV:瀬戸麻沙美】

小学6年の時に新と出会い、かるたの世界へ導かれる。自分の気持ちに正直で、まっすぐ突き進む性格。読まれた札への異常な反応速度が物語るように、天性の聴力が武器。

👉他のキャラクターもチェックする

真島 太一《まじま たいち》

【CV:宮野真守】

千早の幼なじみで、彼女に片想いをしている。負けず嫌いな性格で、かるたを通じて千早と親しくなった新への対抗意識でかるたを始める。瑞沢高校へ進学し千早と再会、競技かるた部を創設する。千早の様に天性の聴力があるわけではないが、非常に高い暗記力を持っている。府中白波会所属で、師匠の原田からは「まつげくん」と呼ばれる。

綿谷 新《わたや あらた》

【CV:細谷佳正】

小学生の時に福井から東京へ転校し、千早と太一をかるたの世界へ引き込んだ少年。永世名人を祖父に持ち、本人も小学校1年生から6年生まで全国大会の学年別で毎年優勝してきた実力の持ち主。小学校卒業後は祖父の介護のために福井へ戻り、千早たちと離れ離れとなる。

原田先生

【CV:三宅健太】

府中白波会の責任者であり、自身も現役のかるたA選手。攻めかるたを得意とし、千早と太一の良き師匠。

若宮 詩暢《わかみや しのぶ》

【CV:中道美穂子】

史上最年少クイーン。早くて正確な取りが特徴で、負けず嫌いな京女。しかし、スノー丸が好きな千早と同い年の女の子という側面もある。

参照元:https://www.ntv.co.jp/chihayafuru/

【ちはやふる 3】
アニメ制作会社

MADHOUSE
設立年月1972年10月
公式サイトhttp://www.madhouse.co.jp/

1972年10月、虫プロダクション(旧社)の従業員だった丸山正雄、出崎統、りんたろう、川尻善昭らが、同社の経営危機をきっかけに独立して設立。同社の石神井スタジオのメンバーが中心になった。初代の社長は虫プロの制作管理スタッフだったおおだ(網田)靖夫が務めた。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/