【本好きの下克上】あらすじ/感想/声優/制作会社《司書になるためには手段を選んでいられません》

【本好きの下克上】
アニメあらすじ

本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません

Introduction

目覚めると、そこは本のない異世界だった――

活字中毒で本を偏愛する大学生・本須麗乃は、不慮の事故で命を落とす。それは、念願である図書館への就職が決まってすぐのことだった。気が付くと麗乃は、貧しい兵士の娘・マインとして転生していた。そこは、魔法を持つ貴族が支配し、厳しい身分制度が存在する異世界の街・エーレンフェスト。マインは、本があれば生きていけると自分を鼓舞する。ところが、識字率が低く印刷技術もないこの世界では、貴重で高価な本はお貴族さまのもの。兵士の娘では、とても手が届かない。どうしても本が読みたいマインは決意する。

 

「本がなければ作ればいい」

 

体力もない。お金もない。あるのは麗乃時代に読み漁った読書による膨大な知識だけ。果たして、マインは本を作ることができるのか!?マインの本を作る冒険が、いま始まる。

【本好きの下克上】
各話の感想

1話「本のない世界」

《あらすじ》

本が大好きな女子大生・本須麗乃は本に埋もれて亡くなり、気がつくと別の世界で、病弱な少女・マインとして転生していた。本があれば、どんな環境でも耐えられると思ったマイン。さっそく本がないか家中を探し回るが、どこにも本が見つからない。さらに母親のエーファと一緒に街へ出ても、文字すらなかなか見かけることができない。そこは識字率が低く、本がとても高価な世界だったのだ――。

視聴者の感想(ネタバレ有)

2話「生活改善と石版」

《あらすじ》

本が貴重なこの世界で、マインは自ら本を作ろうと決意する。だが、体が弱いマイン。姉のトゥーリと一緒に、父親・ギュンターの忘れ物を届けるため門へ行こうとするが、少し歩いただけで息が上がってしまう。そんなマインの前に、ルッツが現れる。マインと同い年のご近所さんだ。転んだマインに手を差し伸べてくれるルッツにマインは感激する。そして、門へ着いたマインはそこで古い石板をもらい、字を書ける喜びをかみしめる。

視聴者の感想(ネタバレ有)

【本好きの下克上】
声優・キャラ

マイン

【CV:井口裕香】

主人公。見た目は幼女だが、中身は大人。転生前の本須麗乃の記憶を今も持っている。その記憶を頼りに本作りを始める。しょっちゅう高熱を出すほど病弱で体力がないため、トゥーリやルッツに手伝って貰っている。本を作るためには手段を選ばず、周囲を振り回して、暴走する。頭の回転が速く、大人顔負けに弁が立つため、周囲からは変わり者と見られている。親密になった相手にはとことん親切で愛情深い。転生前の母への後悔もあり。今の家族を大切にしたいと思うようになる。

👉他のキャラクターもチェックする

フェルディナンド

【CV:速水奨】

神官長。第一部終盤から登場する神殿でのマインの庇護者兼教育係。貴族出身だが、訳あって神殿にいる。神殿長に次ぐ神官長の地位につき、神殿の実務を一手に引き受ける。

ベンノ

【CV:子安武人】

服飾や装飾を扱うギルベルタ紹介の店主。独身。オットーの紹介でマインと出会い、言葉遣いや立ち居振る舞いが明らかに他の子供とは違うマインの異質さをいち早く見抜くと同時に、マインが持ち込む商品の価値にもいち早く気づき、その才能を高く買っている。また、マインの虚弱の下人にも心当たりがあり、マインの行く末を案じている。商売に関しての嗅覚は非常に鋭く、儲かると思えば強引に事を進めるやり手の商売人。そのため、商業ギルドのギルド長とはしょっちゅう対立している。実は、苦労人。

トゥーリ

【CV:中島愛】

マインの姉。面倒見がよく、誰からも慕われる下町の人気者。病弱なマインに代わって、家の手伝いを一手に引き受けるしっかり者。本作りを始めたマインを何かと手伝い、応援する。洗礼式を迎えてからは、お針子見習いとして働く。本作りに邁進するマインに影響され、お針子見習いのあこがれであるコリンナの工房で働きたいと思うようになる。マイン曰く「トゥーリはわたしの天使」。

エーファ

【CV:折笠富美子】

マインの母。染色工房で働いている。この世界では裁縫上手が美人の条件。エーファは容姿、裁縫の腕、共に申し分なく美人。しょっちゅう高熱を脱して寝込んでいたマインのことをいつも心配し、将来を案じていた。それゆえ、本作りに関してはよくわからないながらも、全面的にマインのことを応援する。マインが本作りに熱中する姿が、娘たちを溺愛するギュンターの姿とそっくりなので、「マインが変なのはギュンターのせい」と思っている。

フリーダ

【CV:内田彩】

グスタフの孫娘。見た目は美少女、中身はギルド長そっくりのお金大好き少女。趣味はお金を貯めることと数えること。お金について話している顔が、本の話をしているマインと同じで、ルッツいわく「マインそっくり」。病弱で外に出られなかったため、マインははじめて出来た友達。自分ならもっとうまく商売するのに、とマインを独占するベンノに敵対心を燃やしている。

ルッツ

【CV:田村睦心】

マインの幼なじみ。四人兄弟の末っ子で、夢は旅商人。どんなに失敗続きでこんなんでも、決して本作りをあきらめないマインに刺激を受け、親の反対に遭いながらも夢への第一歩を踏み出す。あることからマインに恩義を感じていて、力のないマインに代わって、「オレがマインを手伝う」と心に決めた。マインに振り回されながらも、マインが次に何を作り出すのが楽しみにしている。マインの体調管理を任されている。責任感が強く、向上心も強い。

参照元:http://booklove-anime.jp/

【本好きの下克上】
アニメ制作会社

「亜細亜堂」の画像検索結果
設立年月1978年
公式サイトhttp://www.ajiado.co.jp/

1978年(昭和53年)、芝山努、小林治、山田みちしろらが、Aプロダクションを改組して発足したシンエイ動画から独立して「有限会社亜細亜堂」として創業した。 設立当初はシンエイ動画や、東京ムービーの下請けを中心に活動。1984年(昭和59年)、『カッくんカフェ』より元請制作を開始し、翌年株式会社に改組。1990年(平成2年)、小林治を代表としてダップインターナショナル株式会社を設立。1998年(平成10年)、デジタルアニメーション部門を設立しデジタル制作へ移行した。ファミリー向け作品を中心に美少女系作品も手がける。『ちびまる子ちゃん』『忍たま乱太郎』を始めとしたテレビシリーズや劇場用アニメの制作のほか、他社のグロス請けも行う。中国のアニメスタジオ、無錫馬良動画有限公司と提携し、動画・仕上を委託している。1996年(平成8年)から1997年(平成9年)にかけて同社所属(当時)の望月智充が『勇者指令ダグオン』の監督をサンライズから依頼されたのをきっかけとして、サンライズ制作によるファミリー向け作品である『ニャニがニャンだー ニャンダーかめん』(2000年(平成12年))や『かいけつゾロリシリーズ』(2004年(平成16年) – 2007年(平成19年))の制作協力を手がけた。他に映像製作会社のジェンコがプロデュースしたテレビアニメ、『絶対少年』(2005年(平成17年))の制作に参加。この作品では原作者の一部として表記されている。2017年(平成29年)、社員が社内労働環境改善を目指して亜細亜堂労働組合を設立。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/