【あひるの空】あらすじ/感想/声優/制作会社《この5人なら、きっと奇跡を起こせる》

アニメあらすじ

あひるの空

Introduction

バスケットボールでは決して有利ではない小柄な体格の車谷 空くるまたに そら身長を理由に中学時代スタメンに選ばれることのなかった空は、高校バスケ部に期待を膨らませて九頭龍高校、通称クズ高に入学。ところがバスケ部はほとんど機能停止状態。とてもバスケをできる環境ではなかった。しかし、空はバスケへの熱量で、クズ高バスケ部メンバーとぶつかり合いながらも、共に成長していく。次々に直面するあらゆる困難に、クズ高バスケ部メンバーはどのように立ち向かって行くのか…!?

各話の感想

1話「みにくいあひるの子」

《あらすじ》

約149cmと小柄ながら、バスケットボールが大好きな少年・車谷 空。彼は入学したばかりの九頭龍高校(クズ高)で、バスケ部に入部しようと張り切っていた。広い体育館で宝物のバッシュを履いて練習をしていると、そこに現れたのはいかにもガラの悪い生徒たち。その不良たちこそクズ高バスケ部の部員。男子バスケ部は荒れ果て、事実上機能停止状態となっていたのだった。主将の百春からバスケをしないよう脅され、部室に閉じ込めれられる空。同じバスケ部だという千秋の協力で何とか脱出し、体育館に向かうが、またも百春率いるバスケ部員が現れ…。

視聴者の感想(ネタバレ有)

2話「才能のない少年達」

《あらすじ》

空と百春たちの男子バスケ部入部をかけたバスケでの勝負が始まった。男子バスケ部の百春、安原(ヤス)、茶木(チャッキー)、鍋島(ナベ)に加え、千秋の代理として女子バスケ部の円を加えた5対1。圧倒的不利な状況にもかかわらず、空はバスケスキルを見せ、シュートへ。しかしヤスの暴力による妨害で理不尽に勝敗が決しようとしたところ、百春から「十本勝負」の提案。まともな勝負も望めず絶体絶命の空だったが、彼には武器があった。

視聴者の感想(ネタバレ有)

3話「百春の翼」

《あらすじ》

晴れてクズ高バスケ部に入部した空。部室に先に来ていた千秋に連れられて校舎裏のバスケットゴールに向かうと、そこにはシュート練習をする百春が。シュートが全く入らず、ヤケになってゴールへジャンプした百春の驚異的跳躍力に空は驚愕する。そこにケンカの報復に現れた新丸子高校(丸高)の不良たちを何とか撃退。その後、百春は空に自分のバスケの才能のなさを空に吐露し、自分がバスケの練習に参加することをあきらめるように言うが、それに対する空の反応は意外なものだった。

視聴者の感想(ネタバレ有)

声優・キャラ

車谷 空《くるまたに そら》

母親が入院する病院の近くに住む祖母の元へ引っ越し、クズ高に入学。明るく前向きで、負けず嫌いな性格。バスケへの情熱で、不良たちのたまり場になっていたバスケ部を立て直そうとする。母親より譲り受けたバスケットシューズを何よりも大切にしている。スリーポイントシュートが得意。低い身長がコンプレックス。

【CV:梶裕貴】

👉他のキャラクターもチェックする

花園  百春《はなぞの ももはる》

バスケ部の主将。ダンクシュートができるほどのジャンプ力を誇り、リバウンドやブロックが得意だが、シュートが大の苦手。もともと中学時代にバスケをやっていたが、ある事情でやめていた。売られた喧嘩はすべて買ってしまうほどに気が短い。

【CV:内田雄馬】

花園 千秋《はなぞの ちあき》

百春の双子の兄。子どものころ、百春に影響されてバスケを始めた。空間把握能力に秀でており、司令塔として活躍できるタイプ。お菓子と女の子が好きで、数多くの女の子たちにアタックしているが、失敗している。底知れない実力を秘めているが、めんどくさがりな一面も。

【CV:小西克幸】

夏目 健二《なつめ けんじ》

広島県出身で、愛称は「トビ」。類い稀なバスケットセンスを持つが、やる気のない人間に対しては辛らつな言葉をぶつけることもある。しかし、素人同然のクズ高バスケ部メンバーに指導をするなど、努力する人間には真剣に接する。妹想いであり、妹にはとても優しい一面も。

【CV:谷山紀章】

茂吉 要《もきち かなめ》

愛称は「モキチ」。長身を生かしたフックシュートが得意技。バスケの名門・西条中出身で、中学時代は一時的にバスケ部で活動をしていた。とある事情から、高校では化学部に入部している。言葉数は少なく、人づてに会話をすることも多いが、時々毒舌になることもある。体力が無く、よく倒れる。

【CV:宮野真守】

薮内 《やぶうち まどか》

女子バスケ部の選手。面倒見のいい性格。空がやってきたことで、男子バスケ部に大きな変化が起こるのではないかと期待している。

【CV:千本木彩花】

七尾 奈緒《ななお なお》

スポーツ用品店の娘で、バスケの知識が豊富。円の中学時代からの後輩。バスケの戦術的な才能を円からも認められている。

【CV:谷口夢奈】

安原 真一《やすはら しんいち》

愛称は「ヤス」。かつては空手部に在籍していたが、先輩を殴って保護観察処分を受ける。それ以後は空がやってくるまで、百春や千秋たちと一緒にバスケ部の部室でたむろしていた。基本的には真面目な性格で、運動神経もいい。

【CV:八代拓】

鍋島 竜平《なべしま りゅうへい》

愛称は「ナベ」。空がやってきたことで、流れでバスケ部に入ることになる。なかなかうまくならない自分にイライラすることも。

【CV:堀井茶渡】

茶木  正広《さき まさひろ》

愛称は「チャッキー」。安原、鍋島と同じく、バスケは未経験。仲間思いで、鍋島とつるんでいることが多い。努力が実を結ばないことをもどかしく思うことある。

【CV:KENN】

参照元:http://ahirunosora.jp/

アニメ制作会社

設立年月2007年11月
公式サイトhttp://www.diomedea.co.jp/

2007年11月、スタジオバルセロナの取締役社長を務めていた小原充が同社の事業・資産を承継するため新たに設立したアニメ制作会社。設立当初は制作部と作画部のみだったが、2010年に彩色部、2012年に撮影部を新設し、順次制作会社としての規模を拡大。また、社内にオフライン編集室を併設している。2011年より版権事業にも参入し、ディオメディアショップを開設。アニメ制作用品及びディオメディアが手掛けた作品のキャラクターグッズ開発・販売、原画展の開催、コミックマーケットほか大型イベントへの出展など事業を展開している。2013年には自社テレビCMを制作し、『ぎんぎつね』で自らスポンサーとなりこれを放送した。2014年9月に事業拡大につき自社ビルを落成し、本社機能を移転。旧社屋(東京都練馬区関町北3-23-16)を武蔵関スタジオとした。尚、旧社屋にはアニメ制作会社であるエンカレッジフィルムズとスタジオブランが同居している。

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/